HOME » 本当は良く知らない火災保険 » 火災保険の契約期間の目安
本当は良く知らない火災保険

火災保険の契約期間の目安

火災保険の契約期間の目安ですが、これは年単位での利用が基本です。
最短で1年から、最長で10年までの範囲で、その火災保険の契約期間を選べることが多いです。
また、場合によっては最短2年となる例もあります。
これは賃貸契約時に加入する火災保険でよく見られますね。
賃貸の契約期間は2年単位が基本になっているため、火災保険もそれに合わせている形です。
このように細かい条件の違いはありますが、火災保険は年間契約が原則になることを確認しておきましょう。

家を建てたり、すでに持ち家住まいだったりで、引っ越す予定がない方は、なるべく複数年で火災保険を契約した方がお得です。
保険料は年間いくらで計算されますが、契約期間が長引くほど、割引を受けられます。
たとえば1年2万円の火災保険も、10年契約すると16〜17万円で済むといったイメージです。
これらを途中解約しても、違約金等はかからないのが普通です。
そのため、引っ越す予定がないなら、10年単位で契約を考えるのもオススメですよ。

ただし、保険料の払い方にはご注意ください。
契約期間に関わらず、保険料は一括の先払いが基本です。
途中で解約した場合、先払いした保険料のうち残りの期間分を返還してもらえます。
このようになるため、契約期間が長いほどまとまったお金が必要ですから、各期間の保険料を確認の上、ムリなく払える期間を選んでくださいね。

ちなみに、どうしても1年未満で火災保険を契約したいとき、それは可能でしょうか?
一応、1年未満の契約に対応している保険も、ないわけではありません。
ただ、数自体は少ないので、商品を探すのはいつもより手間はかかります。
特にこだわりがなければ、普通に1年契約で火災保険を契約し、不要になったら解約する方が簡単ですのでオススメです。
以上、火災保険は年間契約を基本に考えてくださいね。

本当は良く知らない火災保険 | 04月21日更新