HOME » 本当は良く知らない火災保険 » おすすめの火災保険とは
本当は良く知らない火災保険

おすすめの火災保険とは

おすすめの火災保険とは、補償内容と保険料にアナタが納得できるものです。
火災保険と一口に言っても、そのバリエーションは非常に多いことをご存じですか?
この保険は、その名前通り火災による損害を補償するのはもちろんのこと、これに風災も含めて補償するのが基本です。
風災とは、台風や暴風雨、突風などによる損害のことですね。
これに加え、水没や高波、津波などの「水害」や、「地震」による損害まで補償する火災保険もあり、さらには盗難や空き巣など、人的な損害まで補償する物まであるのです。

ただ、基本としてどんな保険にもついているのは「火災」と「風災」ぐらいで、それ以外の補償は希望者だけがオプションで付ける形が多いです。
オプションをすべてつければ、あらゆる損害を補償する総合保険になるものの、それだけ保険料も高くなります。
火災と風災の補償だけにするシンプルな火災保険にすると、保険料も安くなります。

また、補償対象になる資産の範囲も重要です。
火災保険の補償範囲は、「住宅」だけにかかる場合と、「家財」だけにかかる場合と、その両方にかける場合とがあります。
住宅だけにかけた状態で火災に遭うと、住宅の被害額は補償されますが、失った家財の被害額は一切補償されません。
家財だけに保険をかけると、家財だけの補償になるのですね。
火事で失った住宅と家財すべての被害額を補償してほしければ、あらかじめ両方に保険をかける必要があります。
こちらも先の条件と同じく、住宅と家財との両方に範囲を広げた方が、保険料が高くなります。

これら火災保険の基本を知り、補償内容とそれに必要な保険料とに納得できるものが、一番アナタにおすすめのものです。

本当は良く知らない火災保険 | 04月21日更新