火災保険の窓口とは

火災保険の窓口は、保険会社の代理店になることが多いでしょう。
車を買ったとき、自動車につける任意保険の用意と手続きを、すべてディーラーがやってくれたという経験はありませんか?
このとき、そのディーラーは車関連の保険の代理店業務を兼任していたわけですね。
火災保険でも同様で、代理店で火災保険の用意と手続きをする例も多いです。
(さらに…)

本当は良く知らない火災保険 | 04月21日更新

火災保険は未加入でもいいの?

火災保険は健康保険のように、法的な加入義務はありません。
必要がない限りは未加入でいてもOKです。
住んでいる環境から、滅多なことでは火災など起きないと思えば、掛け金の方がもったいないと思えるでしょう。
いざというときの備えを自分で用意できると思うなら、火災保険に未加入でいるのも本当にOKです。
(さらに…)

本当は良く知らない火災保険 | 04月21日更新

火災保険の補償額

火災保険に加入しているとき、まさに補償の対象となる火災等の被害を受けたら、補償額はどれくらいになるのでしょうか?
このときには、事前に決めていた上限額を限度に、被害に応じて補償額が決まります。
ポイントは、火災などが起きたら、どんな条件でも補償額の全額が無条件で支払われるわけではないことです。
(さらに…)

本当は良く知らない火災保険 | 04月21日更新

火災保険の見直し

火災保険は定期的に見直しを推奨されています。
特に見直しを推奨するのは、まず「保険の内容をよく確認していなかった」というケース。
保険に加入したとき、誰かに勧められるままに契約し、自分自身では内容を確認していないことはありませんか?
これが問題なのは、アナタが思っている火災保険の内容と、実際の保険内容がズレている恐れがあるからです。
(さらに…)

本当は良く知らない火災保険 | 04月21日更新

火災保険の契約期間の目安

火災保険の契約期間の目安ですが、これは年単位での利用が基本です。
最短で1年から、最長で10年までの範囲で、その火災保険の契約期間を選べることが多いです。
また、場合によっては最短2年となる例もあります。
これは賃貸契約時に加入する火災保険でよく見られますね。
賃貸の契約期間は2年単位が基本になっているため、火災保険もそれに合わせている形です。
このように細かい条件の違いはありますが、火災保険は年間契約が原則になることを確認しておきましょう。
(さらに…)

本当は良く知らない火災保険 | 04月21日更新

年間の火災保険料

年間でどれくらいの火災保険料がかかるか、気になりますよね。
ただ、火災保険は家の価値や、その家の防災条件によって保険料が変わるため、保険料はこれくらいと言うのが難しい保険です。
それでもやや強引に目安を出すなら、だいたい年間1〜2万円程度の保険料になることが多いようです。
(さらに…)

本当は良く知らない火災保険 | 04月21日更新

評判のいい火災保険の会社とは

みんなから選ばれる評判のいい火災保険の会社とは、どんな会社でしょうか。
なんといっても、便利な火災保険を提供する会社が人気ですね。
便利な火災保険とは、たとえば利用者にとってわかりやすいものです。
(さらに…)

本当は良く知らない火災保険 | 04月21日更新

おすすめの火災保険とは

おすすめの火災保険とは、補償内容と保険料にアナタが納得できるものです。
火災保険と一口に言っても、そのバリエーションは非常に多いことをご存じですか?
この保険は、その名前通り火災による損害を補償するのはもちろんのこと、これに風災も含めて補償するのが基本です。
風災とは、台風や暴風雨、突風などによる損害のことですね。
これに加え、水没や高波、津波などの「水害」や、「地震」による損害まで補償する火災保険もあり、さらには盗難や空き巣など、人的な損害まで補償する物まであるのです。
(さらに…)

本当は良く知らない火災保険 | 04月21日更新

火災保険は見積りを取るのが基本

火災保険は見積りを取るのが基本です。
見積もりとは、実際にその契約プランでアナタの家や家財に保険をかけると、保険料がいくらかかるかの試算のことです。
これを通して具体的な保険内容を把握し、内容に合意した上で契約するのが基本です。
火災保険の種類を選べないときはともかく、選べるときはこの見積りを判断基準にして火災保険を選ぶのもオススメですよ。
これを出してもらうと、アナタに合っている保険がどんなものかも具体的にわかります。
(さらに…)

本当は良く知らない火災保険 | 04月21日更新

火災保険は比較が大事

火災保険は比較が大事です。
これら保険は種類が多く、中にはアナタが必要としていない補償も含まれている場合も多々あるからです。
たとえば、火災や風災の補償だけでいいのに、水害や地震の補償まで入っている商品を契約すると、必要ない補償のためにも保険料を払う形になります。
それはちょっとムダですよね。
商品をしっかり見比べ、アナタが必要とする補償だけを含むものを見つけてください。
(さらに…)

本当は良く知らない火災保険 | 04月21日更新